医療チームに欠かせない|nlpとは考え方を変えて良い方向へ改善することです

nlpとは考え方を変えて良い方向へ改善することです

メンズ

医療チームに欠かせない

レディ

QOL人材を育てる大学

新潟には、QOLを支える人材育成を目指す大学があります。一般的に理学療法士や作業療法士などの医療従事者を目指す人は、専門学校に進むことが多いです。新潟には医療や福祉に特化した学部を有する4年制大学があり、社会福祉士を目指す学科もあります。近年、医療現場でも高学歴重視の傾向があり、専門学校卒よりも4年制大学卒の方が就職率がいいと言われています。そのため、医療福祉系の学科を有する大学は人気がありますが、新潟にある大学では他にはない特色もあります。通常は各学科で専門知識を学ぶことがほとんどですが、学科を超えて連携を取り医療について学ぶことが可能になってるのです。実際の医療現場では、社会福祉士も含めたさまざまな資格を持った医療従事者がチームを組み、患者の症状改善に取り組んでいきます。在学中にこれらを実践することで、自分が学ぶこと以外のチームの大切さを身に着けていくことが出来るのです。

不安を取り除く専門職

患者さんは、入院中はもとより退院後もさまざまな不安を抱えています。治療費に関する不安や体に障害が残った場合の不安、患者さん本人だけではなく支える家族が不安になることもあります。こういった不安に関する相談を、医療ソーシャルワーカーとして聞いて解消していくのが社会福祉士の仕事です。実は社会福祉士の仕事は、医療現場だけにとどまりません。最近では学校や高齢者施設などでもニーズが広がっているのです。社会福祉士は直接治療に加わることはありませんが、医療チームとして患者さんを支えるためには欠かせない存在なのです。こういった患者さんを、あらゆる方向から支える医療従事者を目指す学部・学科が揃った総合大学が新潟にはあり、人気となっているのです。