言語が不自由な人の支援|nlpとは考え方を変えて良い方向へ改善することです

nlpとは考え方を変えて良い方向へ改善することです

メンズ

言語が不自由な人の支援

カウンセリング

最短で資格を取るコース

言語聴覚士になるには国家資格を取得する必要があります。最も早く言語聴覚士になるには、高等学校を卒業したら文部科学大臣が指定する養成学校へ行くコースです。3年か4年通えば受験資格ができますので、ストレートで合格すれば21歳で言語聴覚士になれます。一般の大学在学中に言語聴覚士になりたい場合は、大学卒業後に国から指定された大学や大学院の専修学校を卒業すれば受験資格が得られます。この専修学校は2年間です。養成学校は全国にありますから、ネットで検索して最寄りの学校を選びます。国家試験は難しいといわれていますが、養成校を卒業した生徒の合格率は80パーセントを超えています。学校での授業をしっかり聞いていれば合格できます。

適性は観察力と表現力です

言語聴覚士は障害や病気などで明確にしゃべることができない人をサポートする仕事です。一般的な介護をする仕事ではないので、身体的な負担が少ないです。そのため女性に向いている仕事といえます。実際に女性の言語聴覚士の数は多いです。どのような仕事でも適性というものがあるので、国家資格に挑戦する前に本当に自分に向いている仕事かどうかを確認する必要があります。言語聴覚士というのは言葉の不自由な相手の思いを汲み取ることが大切なので、観察力が求められます。物事に対して慌てやすい人や落ち着きのない人には向いていない仕事です。患者に自分の考えを伝えたり指導したりするので、表現力も必要です。落ち着いて患者の思いを受け止め、こちらの思いを伝えられる人なら言語聴覚士になれます。